FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踊る星降るレネシクル

2010年05月13日 15:56

価格
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成


あらすじ
空手家、ひきこもり、妄想電波少女、愛を語るイケメン、etc.
 様々な個性がぶつかり合うランキング戦が繰り広げられるミカホシ学園。
 レンヤは共に格闘術を習った幼馴染の少女・瑞貴が昏睡状態になったと聞いてこの学園に転入してきた。

 過去のトラウマから闘わないと誓っているレンヤは、迫り来るランカー達の挑戦から逃げて逃げまくる。
 中でも付きまとってくるのが、不思議なほっぺを持つ少女・すまるだった。
「今のは、落ちたように見せかけただけ。あなたを油断させる作戦」
 しかし、ほっぺに文字が浮かび上がる。『おしり』『めっちゃいたい』。
「お、お礼なんかぜったい言わないからっ」
 しかし、ほっぺに(以下略)。『うれしい!』『ありがとう!』。
 ――ああ、ほっぺはこんなに素直なのに!

 レンヤ・すまる・瑞貴の三角関係。降りそそぐのは黄金の星か、屑星か?
公式サイト参照

今回もGA文庫です。
GA文庫大賞≪奨励賞≫受賞な本作品。
ふぁみまっ!と比べてしまいますと・・・・ふぁみまっ!の方が楽しかったです。
ジャンルを分けるとバトル物ですね。
はっきりと好みが分かれる本だと思います。
私は、読んでて少しじれったい感じがしました。
やはり、ラノベはサクサク読めるような本が一番読んでいて楽しいですね。

まとめ
内容は結構ちゃんとまとまってたと思います。
ただちょっとテンポが悪いところがあったと思いますね。(そこが気になる人は気になるでしょうねw)
あと主人公が優柔不断というか、偽善者というか、ちょっとクセがありますね。
次巻に期待したいですね。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lunaticmoon0718.blog47.fc2.com/tb.php/268-02782641
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。