FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-breaker3

2010年07月05日 16:01

価格
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成


あらすじ
歪曲師・蛍火との死闘の末、《咒》を負ったノエル。日に日に身体を蝕んでいく病を直すため、優馬と鬼束響士朗、水蜜は重層世界調律機関の本部に向かうことにした。そこで優馬は、初めて機関の統率者と顔を合わせる。ノエルに死の命令をくだした上層部を嫌う優馬だが従うほかにない。そんな中、優馬は龍騎士アリス・アマリリスに呼び出され、「あなたには過去が存在しない」と告げられるが――。明かされるノエルの罪《穢憑》とは? 『糸を切る者』の役割とはいったい!?「失わせない。全部失ってからじゃ手遅れだから」運命を、歪曲せよ――ガン&ソードアクション第三弾! ―公式サイト参照

感想
なんか読んでいて最後の方はちょっと失速した感じがしました。
今回の巻でスローターの意味がわかり、そのスローターが世界にどう関係してくるかがわかりました。
でも、なぜ優馬がスローターなのかはわからなかったですね。
鬼束さんもどっか行っちゃうし、これからどうなっていくんでしょうね?
気になります。
だが、展開がテンポ悪くなるのは勘弁してほしいですね。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lunaticmoon0718.blog47.fc2.com/tb.php/297-5dbc2615
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。